レギュラーシーズン最終戦を飾れず、阪神に零封許す

 レギュラーシーズン最終戦となった、甲子園球場で行われた阪神タイガースとの25回戦。先発の大竹は初回にゴメスのタイムリーで2点を失うと、二回にも犠牲フライで追加点を許す。七回から3番手で登板した高木勇も阪神打線に捕まり、3点を奪われた。打線は序盤に阪神先発の岩貞を攻めてチャンスを作ったがあと1本が出ず、七回まで無得点。あとを受けたリリーフ陣も攻略することが出来ず、0対6で敗れた。巨人は3連敗でレギュラーシーズンを終えた。

 先発の大竹は初回、2本のヒットで二死二、三塁のピンチを背負う。ここでゴメスに2点タイムリーを浴びて先制点を奪われた。二回にも連打と犠打で一死二、三塁とされると、北條に犠牲フライを打たれて0対3とリードを広げられてしまう。

 打線は初回に長野の二塁打と村田のヒットで二死一、三塁、二回には中井、小林誠の連打と送りバントで二死二、三塁とチャンスを作ったが、あと1本が出ず、得点できない。

 大竹は4回3失点で降板し、五回からは宮國が登板。2回を無失点に抑える好投を見せて味方の反撃を待った。

 巨人打線は立ち直った阪神先発の岩貞を打ちあぐね、三回から六回まで三者凡退に抑えられてしまう。七回には二死から中井の2本目のヒットと代打・相川のヒットで一、三塁と二回以来のチャンスを作ったが、後続が倒れ無得点に終わった。

 その裏、3番手の高木勇が阪神打線につかまる。2本のヒットで無死二、三塁とされると上本に中堅越えのタイムリー二塁打を浴びて2点を失った。八回にも連打で無死一、三塁のピンチを作り、福留に犠牲フライを打たれて0対6とされた。

 巨人は八回に長野の二塁打、九回は亀井のヒットでチャンスを作ったが、阪神のリリーフ陣からも得点を奪えずそのまま試合終了。シーズン最終戦は0対6の完封負けとなった。

 巨人は71勝69敗3分の2位でレギュラーシーズンを終了。4年ぶりの日本一を目指し、8日から東京ドームで、クライマックスシリーズファーストステージをDeNAと戦う。

 
 

安心できる投球ではなかった

Q.打線はチャンスを作りましたが、なかなか1点に届きませんでした
A.そうですね

Q.先発の大竹投手はどのように映りましたか
A.安心できる投球ではなかったですね

Q.高木勇投手は、きょうのように中継ぎの形があるかもしれませんが
A.(大竹を含めて)2人とも、中継ぎもあるかもしれないし、その先に進めば先発もあるかもしれないですし。そういう意味では、少し不安が残ったかもしれないですね

Q.次の戦いまでに、少し準備期間があります
A.そうですね。少し期間も空きますから、シーズンの疲れもあるでしょうし、リフレッシュして次の試合に臨めたらいいと思います