1番・坂本が本塁打含む3安打も…逆転許しCS初戦は黒星

 横浜DeNAベイスターズを東京ドームに迎えて行われた「2016 アットホーム クライマックスシリーズ セ ファーストステージ」第1戦。巨人は1対1の五回、阿部のタイムリーで勝ち越す。しかし直後の六回、先発・マイコラスが筒香に逆転2ランホームランを浴びた。九回には4番手で登板した澤村が2失点。その裏、この日1番で出場した坂本が3安打目となるソロホームランを放ち1点を返すが、反撃もここまで。巨人は3対5でCS初戦を落とし、ファイナルステージ進出へ後がなくなった。

 巨人打線は1番に坂本、3番に村田、5番に長野を起用。初回、その坂本が内野安打で出塁すると、一死後に村田の四球で一死一、二塁と先制のチャンスを作る。二死後、長野が右翼へタイムリーヒットを放ち先制に成功する。思い切ったオーダー変更が奏功し、貴重な先制点をもぎ取った。

 2年連続でCSファーストステージ初戦の先発を任されたマイコラスは、初回を三者凡退で抑える上々の立ち上がりを見せる。しかし三回、二死から梶谷にソロホームランを浴び、同点に追い付かれてしまう。その後は立ち直り、四回、五回と2イニング連続でDeNA打線を三者凡退に抑える。

 1対1のまま迎えた五回、坂本の四球、村田のヒットで二死一、三塁とする。ここで4番の阿部はしぶとく二遊間を抜くタイムリーヒットを放ち、1点を勝ち越す。

 マイコラスは六回も簡単に二死を取ったが、ロペスにヒットを打たれる。すると続く4番・筒香にカウント3−1から痛恨の2ランホームランを浴び、逆転を許した。

 6回3失点のマイコラスを継投した投手陣は、七回を山口、八回をマシソンが投げ無失点でつなぐが、打線がDeNA先発・井納の前に得点を奪えない。

八回、井納から代わった2番手の田中から先頭の阿部が二塁打を放つ。しかし長野、ギャレットが空振り三振に倒れる。二死二塁となったところで登板した三上の前に代打・相川も二塁ゴロに仕留められ、好機を生かせずに終わった。

 九回、巨人ベンチは1点ビハインドながら澤村をマウンドに送る。しかし先頭のロペスにソロホームランを浴びてしまう。さらに一死満塁のピンチを招き、戸柱に犠牲フライを許してリードを3点に広げられる。

 その裏、二死から坂本が左翼に特大のソロホームランを放ち、1点を返す。続く亀井が四球で出塁し、村田に一発が出れば同点の場面を迎えたが、二塁ゴロに倒れ試合終了。巨人は1番で起用された坂本がホームランを含む3安打と気を吐いたが、投手陣が一発攻勢に泣き、CS初戦は黒星となった。

 
 

あした勝てるように、頑張るしかありません

Q.初回にいい形で得点して、いい流れになると思いましたが
A.そう言ってしまえば、そうですね。ただレギュラーシーズンとは違うので、あれこれ言っても仕方ないですよ

Q.きょうは(坂本選手を1番に据えるなど)打線を組み替えて臨みました
A.坂本を軸にして得点のチャンスを作ろうというのは、それも(レギュラーシーズンと)変わりません

Q.マイコラス投手は本塁打に泣きました
A.少しシーズン中と同じことになってしまいましたが、どうこう言ってもしょうがないですよ。あした勝てるように、頑張るしかありません

Q.選手は普段通りに戦えていましたか
A.そうですね。いくつかミスはありましたけど、特に何かが悪かったということはないと思います