image loading…

image loading…

image loading…

image loading…

image loading…

 読売巨人軍の社会貢献活動「G hands」の一環として、ヴィーナスとジャビットが13日、東京都練馬区の南光幼稚園(田中健吾園長)を訪問し、総勢450人の園児とダンスなどで交流しました。

 園児たちは、ヴィーナスのお手本に合わせてウォーミングアップをした後、「鳴き声ゲーム」や「まねっこゲーム」で楽しく遊びました。体も温まったころに「あいうえおんがく」のメロディーに乗って、ポンポンを使いながらダンスをしました。

 楽しくダンスを終えた園児たちに、ヴィーナスからジャイアンツオリジナルキャップをサプライズプレゼント。1人ずつキャップを被せてもらった園児たちは大喜びでした。

 最後にヴィーナスの山田小依さんが「今日はみんなに会えてとても楽しかったです。お姉さんたちもみんなから元気をもらいました。今度はヴィーナスとジャビット君に会いに、ぜひ東京ドームに遊びに来てね」とあいさつをしました。

 田中晃大副園長は、「雨が降っていたことを忘れるくらい、みんないつも以上に元気でした。ヴィーナスのみなさんとジャビット君から元気をもらって、楽しくお遊戯ができて本当によかったです。ありがとうございました」と話していました。 選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG hands プロジェクト。今後も様々な活動を展開していきます。活動内容はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/ghands/)。