image loading…

7回1失点と好投した菅野投手

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの19回戦。巨人先発の菅野投手は二回、6番・西川選手に右越え本塁打を浴び先制を許します。打線は広島先発・薮田投手の緩急に苦しめられ、序盤は好機こそつくるものの、得点を奪うことができません。その後は両先発投手の好投で、試合はこう着状態に。巨人は七回以降毎回走者を出しましたが、後続がことごとく併殺打に打ち取られ得点ならず。菅野投手は7回1失点と試合をつくりましたが、打線の援護に恵まれませんでした。結局4安打完封負けで、巨人の連勝は「2」でストップしました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201708121index.html)から