image loading…

八回、4失点し降板した4番手・澤村投手

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの2回戦。巨人先発の吉川光投手は六回、二死から大和選手に左前打を許すと、続く筒香選手に左翼スタンドに運ばれ、0対2と先制を許します。打線はその裏、吉川尚選手、坂本選手の連続二塁打で1点差に詰め寄ると、二死一、三塁から亀井選手の中前適時打で同点。さらに二死満塁とし、代打・阿部選手が四球を選び、押し出しで3対2と勝ち越しに成功しました。しかし八回、4番手・澤村投手が二死一、三塁から代打・乙坂選手に逆転の右中間2点二塁打を許すなど4失点。リードを守れなかった巨人は3対6で敗れ、5連敗となりました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201804111index.html)から