image loading…

10月23日午後6時50分、東京・大手町の「よみうり大手町小ホール」。退任会見で花束を受け取る高橋由伸監督

 こんなに穏やかで人懐っこい笑顔を撮ることができたのは初めてかもしれません。この3年間、いやその前の選手時代も含め巨人軍のユニホームを着ていた21年間、試合に勝ったときの喜びやチームメートやファンに向ける笑顔を何度となくカメラに収めてきましたが、この日の由伸監督はまた違った表情を見せていました。

 初めて由伸監督を撮影したのは1997年で、東京六大学の試合が行われていた神宮球場。それから間もなく、記者会見で巨人を逆指名したときは、200人を超える記者を前にとても引き締まった表情が印象的でした。

 巨人のユニホームに袖を通すことを明らかにした日と、21年後にそれを脱ぐと発表した日、両方とも撮影することができたのも不思議な縁です。また近いうちにユニホーム姿を撮影したい、と願いつつ、今はただ、この笑顔に「お疲れ様」と言葉をかけたいです。   (チームカメラマン 金田昭一) 球団公式カメラマンの写真は公式WEBサイト・SNSでお楽しみください。無料の「Gフォト」(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/gphoto/)、スマートフォン版会員限定の「熱闘Gショット」もお勧めです。