image loading…

先発の與那原投手

image loading…

松本選手が先制タイムリーヒット

image loading…

走者一掃の3点タイムリー三塁打を放った吉川尚選手

 春季教育リーグ最終戦となる横浜DeNAベイスターズ戦が15日、横須賀スタジアムで行われ、相手投手の四球に絡めて打線がつながった巨人が、14対5と大勝しました。この試合でドラフト1位ルーキーの吉川尚輝選手が初めてスタメンでフルイニング出場を果たし、2安打3打点の活躍を見せました。

 三回、四球で出た相川亮二選手を橋本到選手がバントで送り、松本哲也選手のタイムリーヒットで先制。さらに亀井善行選手の右中間を破るタイムリー三塁打、中井大介選手のタイムリーヒットで、この回3点を奪いました。

 先発の與那原大剛投手は三回まで横浜打線を1安打に抑えていましたが、四回、死球で走者を出し、連打を浴びるなどして3失点。横浜に同点とされました。

 打線は六回、一死満塁のチャンスを作ると、橋本到、青山誠両選手が連続で四球を選び、押し出しで勝ち越し。さらに続く満塁の場面で、吉川尚選手が走者一掃となるライトオーバーの3点タイムリー三塁打を放って突き放しました。また、この回の最初の打席でヒットを放って出塁した坂口真規選手が2度目の打席でもレフト前にタイムリーヒット、9対3と大きくリードしました。

 終盤に入っても攻撃の手は緩めず、八回、無死一、二塁から中井、坂口両選手の連続タイムリーヒットに加え、橋本到選手の2点タイムリー二塁打でこの回一挙5点を奪いました。

 五回から1イニングずつの投手リレーとなり、八回までの4イニングは横浜打線を無失点に抑えていましたが、最後にマウンドに上がった西村健太朗投手が二死から制球を乱し、2四死球と2安打で2点を返されました。

■初めてフルイニング出場を果たした吉川尚選手
 「このところ出してもらった3、4試合で、チャンスで打つことが出来ませんでしたが、きょうは狙ったボールを仕留めることができたので収穫です。芯で打つことができました。積極的にアピールしていかなければいけないので、もっと若いカウントから振っていきたい。守備機会も何回かありましたが無難にこなせました」

 試合の詳報はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/game/game46234.html)から。