image loading…

2回、先制の2点二塁打を放った増田選手

image loading…

2回、重信選手が2点三塁打

image loading…

1回を無失点に抑え、前回登板のリベンジを果たした田中優投手

image loading…

2回1安打無失点の坂本工投手

image loading…

原監督からMLB戦の登板を言い渡された高田投手

image loading…

同じくMLB戦登板を言い渡された大江投手

 宮崎秋季キャンプ第2クール初日の6日は、今キャンプ2度目の紅白戦(7回制)が行われました。

 初回は紅組先発・橋本篤郎、白組先発・今村信貴の両投手ともに走者を背負いましたが無失点で切り抜けました。

 二回表、まずは白組が四球と安打で一死一、二塁とし、増田大輝選手が左越えの二塁打を放ち2点先制。その後、内野ゴロの間にさらに1点を追加しました。

 紅組も負けじとその裏二死一、二塁から、重信慎之介選手の右中間を破るタイムリー三塁打で2点を返しました。

 三回は両投手とも0点に抑え、四回もともに2番手の紅組・池田駿、白組・田原誠次両投手が持ち味を発揮し、いずれも無失点に抑えました。

 試合が再び動いたのは五回。白組先頭の立岡宗一郎選手が四球で出塁後に盗塁、小林誠司選手がライト前にはじき返して一死一、三塁とし、和田選手の内野ゴロの間に1点を追加しました。その裏、紅組も先頭の加藤脩平選手が四球で出塁、松原聖弥選手がこの日2安打目となる内野安打でつなぐと、田中俊太選手の中越え二塁打で再び1点差に追い上げました。

 六回には紅組3番手でマウンドに上がったルーキー田中優大投手が、いきなり連続四球を出しましたが後続を抑え、5失点した前回登板のリベンジを果たしました。

 七回、白組が2安打と四球で満塁とし、石川慎吾選手の犠飛で1点を追加しました。

 白組3番手・坂本工宜投手は六回から2イニングを投げ、許した走者は内野安打1本のみの無失点に抑えて試合終了、白組が5対3で勝ちました。

<イニングスコア(7回制)>
白組 030 010 1|5
紅組 020 010 0|3

<投手リレー>
紅組 橋本(3回)→池田(2回)→田中優(1回)→谷岡(1回)―大城→岸田
白組 今村(3回)→田原(2回)→坂本(2回)―小林→宇佐見

<スタメン>
白組
1(中)立岡宗一郎
2(遊)吉川尚輝
3(捕)小林誠司
4(一)和田恋
5(左)石川慎吾
6(指)宇佐見真吾
7(二)山本泰寛
8(右)笠井駿
9(三)増田大輝
先発 今村信貴

紅組
1(中)重信慎之介
2(右)#松原聖弥
3(三)田中俊太
4(捕)大城卓三
5(左)若林晃弘
6(二)北村拓己
7(指)岸田行倫
8(遊)吉川大幾
9(一)加藤脩平
先発 橋本篤郎

■3回3安打3失点の紅組先発・橋本投手
 緩急を使って、3球で(カウントを)追い込むことを課題としてマウンドに上がりましたが、うまく組み立てられませんでした。ただ三回はそのピッチングが出来たので、次につなげたいです。

■3回4安打2失点の白組先発・今村投手
 アピールができませんでした。二回は二死走者なしからの四球が発端で、もったいない失点となってしまいました。シーズン中でも課題としていたことなので、しっかりと修正していきたいです。

■2回を1安打無失点に抑えた坂本工投手
 前回(1日の紅白戦で1回無失点)よりストレートも良かったし、思い通りのピッチングができました。フェニックスリーグからフォークボールの精度アップに取り組んでいますが、やっぱりストレートが大事だなと思いました。投げ終わりに原監督から「坂本」と呼ばれて拍手をいただきました。うれしかったです。

■先制二塁打の増田選手
 つなぐ意識で打席に入り、ストレートをしっかりととらえられました。一昨日、原監督からステップ幅を小さくして打つ事を教わり、そのイメージを持って試合で結果が出たので良かったです。アピールできたと思いますし、継続していきたいです。 またこの日、ブルペンでピッチングを行なっていた高田萌生、大江竜聖両投手に、原監督が「もし監督の希望が通るなら」と前置きしたうえで、「高田が先発、大江が2番手。2人で5回投げてくれるとうれしいね」と8日に行われる「2018日米野球エキシビジョンゲーム」での登板を言い渡しました。

 高田投手は「先発に指名されてうれしいです。真っすぐで勝負したいけれど、まずは任されたイニングを0点で抑えられるように頑張りたい」と抱負を語ると、大江投手は「メンバーに入っているのは知っていましたが、投げられるのはうれしいです。(高田)萌生に負けないように頑張りたい」と意気込みました。