image loading…

逆転サヨナラ3点本塁打を放ち、由伸監督に祝福される亀井選手

 東京ドームで行われた千葉ロッテマリーンズとの3回戦。巨人は延長十二回表に6番手の高木勇投手がスクイズと押し出しで2点を勝ち越されてしまいます。その裏、坂本選手の適時二塁打で1点を返すと、一死一、二塁から亀井選手が右翼席に逆転サヨナラの3点本塁打。劇的な勝利を収め、3連勝を飾りました。巨人は阿部選手の2本の本塁打などで七回までリードしましたが、八回表、3番手のマシソン投手が鈴木選手に2点本塁打を浴び同点とされました。そのまま、延長戦へ突入する苦しい展開でしたが、亀井選手の劇的な一発で交流戦の最終戦を白星で飾り、最終成績を6勝12敗としました。4日間の休止期間をはさみ、23日からセ・リーグが再開されます。
試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201706181index.html)から