image loading…

オリジナルキャップを手渡しでプレゼント

image loading…

100歳を迎えた上野りゆうさんとも記念撮影

image loading…

プレゼントしたキャップをかぶって記念撮影

image loading…

 読売巨人軍の社会貢献活動「G hands」の一環として、ジャビットが16日、川崎市多摩区の老人ホーム「ニチイホーム読売ランド前」を訪問し、利用者32名と記念撮影などをして交流しました。

 サプライズで登場したジャビットに利用者の皆さんは声が出ないほど驚いていました。登場後、逆立ちを披露し大きな歓声と拍手で歓迎され照れた様子を見せていたジャビット。交流の最後にはジャイアンツオリジナルキャップをプレゼントして記念撮影をし、「今度はジャイアンツ球場に遊びに来てね」と伝えお別れをしました。また、7月14日に100歳を迎えた上野りゆうさんがご家族とお誕生日会をしていると聞き、こちらにもサプライズで登場。V9時代からのジャイアンツファンという上野さんは「わぁ〜大きい〜」と突然のジャビット訪問に大喜びでした。

 ニチイホーム読売ランド前の上田雄一館長は「ジャビットくんの訪問は普段の生活と違い、認知症の方にも刺激になっていたようです。上野さんは毎日ジャイアンツの情報をチェックしているほどの巨人ファンなので、このような機会が作れてうれしいです」と笑顔で話してくれました。
 選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG hands プロジェクト。今後も様々な活動を展開していきます。活動内容はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/ghands/)。