image loading…

7回1失点の好投で5勝目をマークした山口俊投手

 ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとの1回戦。巨人先発・山口俊投手は、走者を背負いながらも粘り強い投球で7回5安打1失点と試合を作ります。一方の打線は二回、相手の守備の乱れから無死満塁の好機を作ると、二死後小林選手が左中間を真っ二つに破る3点二塁打を放ち、先制に成功します。続く坂本選手にも左前適時打が飛び出し、この回一挙4点を奪い、序盤から試合の主導権を握りました。さらに三回、亀井選手が右翼席へ飛び込む6号2点本塁打を放つと、六回には田中俊選手に右中間2点三塁打が飛び出しました。打線がつながりをみせた巨人は、ソフトバンク先発・武田投手を打ち崩し、8対2で快勝。好投した山口俊投手は今季5勝目をマークし、巨人は約1ヶ月ぶりの3連勝としました。

試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201806121index.html)から