image loading…

移籍後初となるソロ本塁打で祝福されるゲレーロ選手

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの2回戦。巨人先発の田口投手は三回、丸選手に3点本塁打を浴び、先制を許してしまいます。打線は四回、吉川尚選手、ゲレーロ選手の連打で好機をつくると、マギー選手が犠飛を放ち1点を返します。田口投手は四回以降、毎回走者を出しましたが粘りの投球で追加点を許しません。反撃したい打線は七回、ゲレーロ選手に移籍後初本塁打が飛び出し、2対3と1点差に詰め寄ります。七回以降は宮國投手と澤村投手が無失点リレーでつなぎ味方の反撃を待ちましたが、得点できないまま試合終了。1点差に泣いた巨人は連勝とはなりませんでした。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201804141index.html)から