image loading…

 読売巨人軍は18日、熊本県営藤崎台球場に打撃ケージを贈呈しました。

 チームは昨シーズン、NPBコミッショナー表彰である「スピードアップ賞」のチーム部門で表彰されました。その賞金100万円を、昨年の熊本地震で大きな被害を受けた同球場への支援に活用してほしいとチームから申し出があり、今回の贈呈となりました。

 同球場でのヤクルト戦の試合前に贈呈式が行われ、久保博球団社長から目録、高橋由伸監督から寄せ書きサインボード、長野久義選手会長からはジャビット人形が田嶋徹熊本県副知事に渡されました。

 田嶋副知事は「これからも応援しています。立派なケージをありがとうございました。大切に使わせていただきます」と話しました。