image loading…

岡崎スカウト部長、柏田スカウトと握手をする鍬原投手

image loading…

「1年目に新人王を獲りたい」

image loading…

東京ドームの前でポーズ

 読売巨人軍は15日、先月のドラフト会議で1位指名した中央大の鍬原拓也投手と、東京ドームホテルで仮契約を結びました。その後の記者会見で鍬原投手は「1年目に新人王を獲りたい」と抱負を述べました。

 会見では、同席した岡崎郁スカウト部長が「ピッチングについてはすごくしなやかで素晴らしいという評価で、ドラフト1位で指名させていただきました。そして見かけどおり好青年で明るくて、いつもにこにこしていて朗らかで、そういう人間性もこれから巨人軍のために力になっていくものと思っています」と期待を述べました。担当の柏田貴史スカウトも「最初リリーフから先発に転向して、両方を高いレベルでやっていました。見るたびに成長していたので、これからもっと伸びていく感じがします。あわてずにじっくりと構えて、野球に取り組んでもらえたら」と話しました。

 鍬原投手は「ジャイアンツは12球団一の人気球団だと思っているので、そこに入れるのが光栄です。やるからには1年目には新人王を獲りたいと思っています」と力強く宣言しました。また契約金で何を買いたいかとの問いには「親に、旅行なりなんなりをというのがあります。ここからが自分のスタートラインだと思っているので、まだまだできる部分はあると思うので、自分なりに親に恩返しできたらと思っています」と述べました。

 また、母子家庭の子供への支援の意思を聞かれると「子供たちが野球をやりたくてもできないというのは、自分でも分かるので。そういう活動はしていきたいと思います。またプロ野球を見に行きたいと思ってくれた子供たちに、来てもらえるようにしてあげたいと思っています」と話していました。