image loading…

先発の内海投手

image loading…

2番手の大竹投手

image loading…

七回、青山選手が先制打

image loading…

3安打猛打賞の吉川大選手

 春季教育リーグロッテ戦は、先発の内海哲也、2番手の大竹寛の両ベテラン投手がそれぞれ3回を無失点に抑える好投を見せ、4投手の零封リレーで8対0と快勝しました。これで教育リーグは3連勝となりました。

 初回、四球で出塁した亀井善行選手が盗塁を決め、さらに二塁への捕手の悪送球で三塁に進みましたが、後続が倒れて先制ならず。

 内海投手は二回まで完璧に抑える立ち上がりで、三回に先頭打者に初めて安打を許したものの、後続を断って切り抜けました。内海投手は3回1安打無四球2奪三振。

 四回からマウンドに上がった大竹投手も四、五回を三者凡退に仕留める上々の立ち上がりを見せました。3イニング目の六回、連打などで二死一、三塁のピンチを招きましたが、脇谷亮太選手の好守もあり、三塁ゴロに切って取りました。大竹投手は3回2安打無四球3奪三振。

 打線は六回までロッテ先発・佐々木投手をとらえきれずにいましたが、七回、マルティネス選手が右前打で出塁。石川慎吾選手の犠打などで三塁に進むと、青山誠選手が左翼に適時打を放ち、ついに先制しました。

 八回は吉川大幾選手が内野安打で出塁、盗塁を決め、さらに捕手の悪送球で三進し、加藤脩平選手の二ゴロの間に2点目。九回には、青山選手のこの日2本目の適時打や吉川大選手の右越え適時二塁打など、この回2四球に6安打を絡めて一挙6点を奪い試合を決めました。吉川大選手は3安打猛打賞。

 ベテラン2投手の後を受けて、七回から登板した今村信貴投手も2イニングを無失点でつなぎ、最後はアダメス投手が無安打に抑えました。

巨 人 000 000 116 8
ロッテ 000 000 000 0

投手リレー
【巨 人】内海(3回)、大竹(3回)、今村(2回)、アダメス(1回)―高山、宇佐見
【ロッテ】佐々木(6回2/3)、宮崎(1/3)、大嶺祐(2回)―吉田、宗接