image loading…

53チームが集まって東京ドームで行われた開会式

image loading…

東京ドームのグラウンドを踏みしめて入場行進

image loading…

中野セネタースの石原大志主将による力強い選手宣誓

 読売巨人軍が主催する小学生の軟式野球大会「2017 J:COM ジャビットカップチャンピオン大会」(共催:読売新聞社、報知新聞社 特別協賛:J:COM)の開会式が10日、東京ドームで行われました。

 開会式では、53チームの選手たちが、東京ドームの人工芝を踏みしめて元気に入場行進しました。そして中野区代表の中野セネタース・石原大志主将が「これまで僕たちのために指導してくれたすべての人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、最後の一球まであきらめず、全力でプレーすることを誓います」と読売巨人軍の石崎悦郎・取締役事業本部長を前に、力強く選手宣誓しました。

 また、J:COM地域メディア本部の高平太本部長は「各地区の激戦を勝ち抜いてきた強者(つわもの)たちによる熱戦の模様を追いかけ、日本全国にお届けします」と、選手たちにエールを送りました。

 試合は、12日から都内で行われ、26日にジャイアンツ球場で準決勝、9月17日に東京ドームで決勝が行われる予定です。組み合わせはこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/tournament/tournament1/report_88532.html)をご覧ください。