image loading…

逆転の3点本塁打を放ち、笑顔の坂本選手

 東京ドームで行われた埼玉西武ライオンズとの2回戦。巨人は岡本選手の2打席連続適時打で三回までに2点を先行しますが、先発・田口投手が六回に逆転を許して降板します。打線は四回以降、西武先発・多和田投手に抑え込まれていましたが、七回に坂本選手が左中間へ逆転の3点本塁打を放ちます。1点差に迫られた八回には阿部選手が右越えに3点本塁打を叩き込み、試合を決めました。両チームで計5本塁打が乱れ飛ぶ空中戦の中、巨人は坂本選手と阿部選手に効果的な3点本塁打が飛び出し、8対5で勝利。連敗を2でストップしました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201806091index.html)から