image loading…

image loading…

 西日本を中心とした記録的豪雨の被災地を支援するため、東京ヤクルトスワローズが11日に行った募金活動に読売巨人軍も協力しました。

 この日は上原浩治、吉川光夫、谷岡竜平の3投手がヤクルトの石川雅規、中尾輝両投手と一緒に登場。試合開始前の神宮球場正面で来場者に募金を呼びかけました。

 上原投手は「できることは微々たるものですが、日ごろ応援してもらっている僕たちがこういう活動に協力するのは当たり前のことだと思っています」とベテランらしい一言で活動の意義を話してくれました。広島・広陵高校出身の吉川光投手は「高校三年間を広島で過ごした者として、少しでもお役に立てればという思いです」と募金してくれたファン一人ひとりと感謝の握手を交わしていました。谷岡投手も「今もなお困っている人がたくさんいると思います。みんながそれぞれやれることをやることがきっと力になると信じています」と懸命に協力を呼び掛けていました。

 巨人軍も社会貢献活動「G hands」の一環で募金活動を継続しており、被災地に寄付します。寄付の詳細については改めてお伝えします。

 ご協力いただいた皆さまに感謝申し上げるとともに、被災された皆様に対しては謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。