image loading…

みなで手締めをして打ち上げ

image loading…

松澤選手が代表してあいさつしました

image loading…

バント練習をする田中投手

image loading…

阿波野コーチからアドバイスを受ける巽投手

 育成選手を対象とした合同練習は15日、ジャイアンツ球場で最終日の練習を行いました。ウオーミングアップ、ランニングを終えると、投手と野手に分かれ、それぞれの練習を行い、正午過ぎには全メニューを終了しました。

 最後は室内練習場に江藤三軍監督、阿波野三軍投手コーチ、穴吹二軍トレーニングコーチ他、スタッフ、選手が集合。松澤裕介選手が選手を代表してあいさつしました。「監督、コーチ、トレーナー、たくさんのみなさま、オフシーズンにも関わらず僕らの練習に付き合っていただき、ありがとうございました。そして選手のみなさん、お疲れ様でした。この2週間は、今シーズン自分に何が足りなかったのか、そして来季に向けて何が必要なのかと、自分で見詰め直し、課題に向き合う有意義な時間だったと思います。来季こそは支配下だけでなく、一軍で活躍できるように、切磋琢磨して、もがいて、もがいて、やっていきたいと思います」と言葉に気持ちを込めました。その後、松澤選手の掛け声で手締めを行い、1日から行ってきた約2週間の練習を打ち上げました。

 育成練習に参加した田中大輝投手は、今後の自主トレを菅野智之投手らとともに行う予定。「このオフは、いい回転の真っすぐを投げられるよう、キャッチボールから意識をして、ウエートトレーニングもそこに重点を置いています」とする右腕は、この合同練習中は4度ブルペン入りして感覚を確認してきました。「今のところいい方向で来ています。菅野さんは真っすぐ、変化球ともにその球質が球界トップレベルですから、リストの強化の仕方など、色々なことを自主トレ中に吸収したいです」と話しました。

 また、今オフに支配下から育成選手となった巽大介投手は「昨年もこの時期は自主トレを行っていましたから、この練習も自主トレと思えば、と臨んできました。来年の今ごろはまた(支配下に上がり)自主トレができるようにしたい、と改めて思いましたし、頑張っていきたいです」と口元を引き締めました。

 練習を見守った江藤三軍監督は「こういう環境を球団に与えてもらえて、選手はありがたい。秋季練習でもスキルアップしてきたわけだから、そこで終わりにしないで、いかにオフシーズンも続けられるか。この練習をいかに来年につなげられるか、だからね」と継続の重要性を口にしました。そして「選手たちがもがいている姿を来年見てみたい。どれぐらい、もがいているか。新しい選手も入ってくるし、こちらもしっかりと付き合っていきたい」と新たなポジションでの指導を楽しみにしている様子でした。