image loading…

先発の桜井投手

image loading…

2点本塁打を放った亀井選手

image loading…

実戦初登板の池田投手は1回を無失点

 春季教育リーグの初戦となる西武ライオンズ戦が4日、西武第二球場で行われ、投手陣が打ち込まれたジャイアンツは5対13で敗れました。

 先発は一軍から試合出場のために合流した桜井俊貴投手。初回、立ち上がりを打ち込まれ、先頭からの3連打などで、この回、3点を奪われました。さらに、二回にも2失点、0対5とリードを広げられました。

 直後の三回、寺内崇幸選手がこの日2安打目となるセンターオーバーの二塁打で出塁、続く亀井善行選手がバックスクリーンに飛び込む2点本塁打を放ち、2対5としました。さらに四回、センター前ヒットの堂上剛裕選手を塁に置き、脇谷亮太選手が右中間を破るタイムリー三塁打で3対5。その後、併殺打の間にさらに1点を返し、ベテラン勢の活躍で、4対5と1点差に詰め寄りました。

 四回を谷岡竜平投手、五回を実戦初登板となる池田駿投手がそれぞれ無失点に抑えましたが、4番手の今村信貴投手が七回、四球絡みで満塁とされ、走者一掃のタイムリー三塁打を浴びるなどして4失点、4対9と突き放されました。さらに八回にも4点を奪われ、4対13と大きくリードを許しました。

 九回、中井大介選手の二塁打をきっかけに、二死一、三塁とのチャンスをつくると河野元貴選手がセンターにタイムリーヒット、最後に1点を返しました。

■実戦初登板の池田駿投手
「まだ課題はありますが、無失点で切り抜けられたことと三振を取れたことは自信にしていきたい。変化球が得意ですが、ストレートあっての変化球なので、ストレートの精度を上げていきたいです」