image loading…

最多勝利投手賞など4賞を受賞した今村投手

image loading…

戸根投手は最多セーブ投手賞を受賞

image loading…

優秀選手賞受賞の宇佐見選手

 2017年度のイースタン・リーグ選手権試合においての表彰選手が13日に発表され、読売巨人軍から3選手が選ばれました。

 74勝44敗7分けの勝率6割2分7厘で3年連続26回目のリーグ優勝を果たしたチームの中で、記録での表彰では、今村信貴投手が最多勝利投手賞(9勝)と勝率第一位投手賞(6割9分2厘)を受賞し、戸根千明投手が18セーブを挙げて最多セーブ投手賞を受賞しました。

 また、選考での表彰では、優秀選手賞に宇佐見真吾選手、スポンサー表彰としてサンケイスポーツ選定の優秀投手賞、報知新聞社選定の殊勲賞に今村投手が選ばれました。

今村投手 「このような賞を受賞することができ、光栄に思いますが、一軍で結果を残せる選手になるために、今後もっと力をつけたいと思っています」

戸根投手 「表彰していただける成績を残したという証ではありますが、一軍の舞台で同じように表彰していただける選手になれるよう、なお一層努力していきたいと思っています」