台湾での「2017アジアウインターベースボール」でジャイアンツ選手がメンバー入りしているNPBイースタン選抜は16日、日本社会人選抜との準決勝を洲際球場で行い、2対0で勝利して、決勝進出を決めました。

 リーグ戦4位で決勝トーナメントに進出したイースタン選抜とリーグ戦1位の社会人選抜との準決勝。社会人選抜投手陣に計16奪三振と抑えられたイースタン選抜打撃陣でしたが、七回に敵失に付け込んだチャンスを逃さず、2点を先取。その2点を5投手の継投で守り切りました。

 投手陣では2番手で五回から高井俊投手が登板。2回1/3を3安打されながらも、三振を2個奪い、無四球無失点で切り抜けました。八回のマウンドに上がった成瀬功亮投手は投球全7球ストライクで三者凡退と完璧なリリーフをしました。

 野手は1番左翼で松原聖弥、2番二塁で吉川尚輝、9番DHで柿澤貴裕と3選手が先発出場。いずれも無安打に終わりましたが、松原選手は左翼の守備ではワンバウンド送球で今大会自身6個目の補殺を決めるなど守備で勝利に貢献しました。

 決勝は17日、リーグ戦3位の韓国と行われます。

イースタン選抜 000 000 200|2
社会人選抜   000 000 000|0

 試合詳細はこちら(PC・スマートフォン http://winter.cpbl.com.tw/games/play_by_play.html?&game_type=16&game_id=54&game_date=2017-12-16&pbyear=2017) =外部サイト(中国語)=。