image loading…

2打点を挙げた松原選手

image loading…

今年初めて守備に就いた片岡選手

image loading…

今年初めて実戦で登板した長谷川投手

 三軍は13日、プロアマ交流戦として玉川大学を相手に試合を行いました。延長戦なしの特別ルールで行い、2−2の同点に終わりました。

 先発マウンドは左腕の橋本篤郎投手。初回、先頭打者に四球を与えるなど1死二塁から、タイムリーを打たれて先制点を許しました。それ以降は失点せず、3イニングを投げて1安打1失点でした。

 四回から2番手を任されたのは長谷川潤投手。ストライク先行の投球で2イニングを1安打1三振の無失点に抑えました。今年初の実戦登板となった右腕について、川相昌弘三軍監督は「久しぶりにマウンドに立てたことが、今日の試合の収穫の一つ。変化球をうまく使える、実戦向きなところを見せてくれた」と話しました。

 打線で活躍したのは、ルーキーの松原聖弥選手。右翼手で先発出場したこの日は、初めて打順「2番」を任され、三回の2打席目には2死二塁から左前適時打を放って同点としました。さらに、再び1点を追う形となった七回にも、2死三塁から左前にタイムリーを打って、この日のチームの2得点すべてを叩き出しました。これには指揮官も「まだ守備、走塁と課題はあるけれども、打つ方ではなんとかしそうな雰囲気があるね」と評価しました。

 この日の試合では、片岡治大選手が今年2度目の実戦出場で、初めて二塁の守備に就きました。「久しぶりなんで、緊張しました」としながらも、「打球が飛んできてよかったです」と6回表の守備から交代するまで、2度の守備機会を無難にこなしました。打席では3打数無安打に終わりましたが「バッティングはゲームに出させてもらってアジャストしていくしかないですね。体調は問題ありません」と話しました。

 またこの日は吉川尚輝選手も「1番・遊撃」で先発出場。5回まで出場し、守備機会はなかったものの、3打数1安打。5回1死無走者から、相手投手の投げたストレートを左前に運びました。

 川相監督は「試合ができる喜びもあったと思いますが、試合がない中で、パッと試合に対応できるよう、工夫して練習していかなければいけないということがわかる、いい機会になったと思う」と連打のない8安打で2得点に終わった試合を振り返りました。「ゲーム中のように、色々な条件が付いた場面でどんなプレーをするのか、そのイメージをしながら練習をしていかないといけない」として、試合後にはそれぞれの部門に分かれてさらに練習が続きました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/game/game46232.html)