image loading…

橋本到選手の音頭で一本締め

image loading…

今キャンプで欠かさず行った野手の素振り

image loading…

選手たちと握手をする斎藤二軍監督

 2月1日からKIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園内で春季キャンプを行っていた二軍は28日、キャンプを打ち上げました。

 この日午前、投手はブルペン投球や守備練習を行い、野手はシートノックやフリー打撃の後、今キャンプに欠かさず行っている野手全員での素振りをして練習を終えました。

 そしてマウンド周辺に首脳陣、選手、スタッフ、運営にお世話になった地元の方々らが輪になって集まりました。中央に立った野手キャプテンの橋本到選手が「東京に戻ったらすぐシーズンが始まりますが、心折れそうな時も、チームの勝利のため、自分のために『向上心』を持って頑張りましょう。二軍は二年連続日本一、一軍は日本一奪回を目指しましょう」とあいさつし、橋本選手の音頭で一本締めを行いました。

 今キャンプは例年と比べても好天に恵まれました。脇谷亮太選手は「気候がよく、たくさんの応援をいただき、充実した練習ができた。シーズンは絶対に、絶対に、絶対に優勝です!」、亀井善行選手は「けがなく無事に終われた。同時に、これから本番が始まる。もう一ランク上げていかないと」、ルーキーの池田駿投手は「練習の流れが分かってからは充実した一日一日で、後半はあっという間でした」と、それぞれキャンプを振り返りました。

 斎藤雅樹二軍監督は「(谷岡竜平、池田駿、廖任磊の)新人投手3人もプロの練習の流れをつかんで、内2人が実戦で投げられた。これから対外試合が始まって競争になり、いい選手が一軍に行く。みんなにチャンスがある」と話しました。

 二軍はあす3月1日が休養日で、2日午後1時からジャイアンツ球場で練習を行います。三軍は2日まで宮崎でキャンプを行います。