image loading…

両チームのヴィーナスがダンス競演

image loading…

始球式も一緒に

image loading…

ポンポンを使ってウェーブ

image loading…

山本、北村両選手と記念撮影

 8日にジャイアンツ球場で行われた日本ハム戦は、「GIIヴィーナスデー」と称してヴィーナスにスポットをあてた企画で球場を盛り上げました。同じ「ヴィーナス」の名称を持つサッカーJ2・東京ヴェルディのチアパフォーマンスチームも来場し、初のヴィーナス競演となりました。

 試合前のダンスでは、双方のヴィーナスがグラウンド上で同じ曲の前半と後半のパートに分かれてダンスを披露。華やかな対決に客席からは大きな拍手が送られました。またこの日は、始球式も両ヴィーナスのキャプテンが務めました。ヴェルディのヴィーナス・櫻庭都さんは「初めての始球式で緊張しましたが、声援がとても心強かったです」と感想を述べました。一方、ジャイアンツのヴィーナス・栗本唯梨さんは「ものすごい緊張で腕が震えて練習していたとおりにいかず悔しいです。またリベンジしたいです」と話していました。

 またこの日、ヴィーナスの応援のマストアイテムでもあるポンポンが来場者にプレゼントされ、五回裏終了後の両ヴィーナスのダンスに合わせてポンポンを使って客席でウェーブをつくり、チームにエールを送りました。

 試合後には山本泰寛、北村拓己両選手が参加して記念撮影会が行われました。山本選手の大ファンだという小学生の男の子が、感動で泣き出し、山本選手が優しく抱きよせる場面もありました。

 次回GIIプロジェクトは5月3日(木・祝)に実施します。詳細は決まり次第、読売巨人軍公式WEBサイトでお知らせいたします。