台湾での「2017アジアウインターベースボール」で、ジャイアンツ選手がメンバー入りしているNPBイースタン選抜は5日、台湾(CPBL)との試合を洲際球場で行い、3対4で逆転負けしました。これで戦績は9試合で4勝5敗。

 ジャイアンツの投手では、成瀬投手が六回二死から登板。この回を遊撃ゴロでしのぐと、七回も無失点に抑えました。野手は、2番遊撃で吉川尚輝、3番中堅で柿澤貴裕、8番捕手で田中貴也の3選手が先発出場しました。2対1と1点リードして迎えた六回、柿澤選手の右中間への二塁打をきっかけに1点を追加し、リードを広げましたが、その裏に3点を奪われ、逆転を許しました。吉川尚選手は無安打に終わり、田中貴選手は2打数1安打でした。また、松原聖弥選手は七回から代打で出場し、無安打でしたが、守備では左翼で今大会3つ目の補殺を決め、成瀬投手を助けました。

イースタン選抜 020 001 000|3
台湾(CPBL)100 003 00X|4

 試合詳細はこちら(PC・スマートフォン http://winter.cpbl.com.tw/games/box.html?&game_type=16&game_id=28&game_date=2017-12-05&pbyear=2017) =外部サイト(中国語)=。