image loading…

六回に実戦初ヒットを放った吉川尚選手

image loading…

5回2失点の先発・高木投手

image loading…

七回に三塁打の相川選手

 イースタン・リーグの春季教育リーグ4戦目となるDeNAベイスターズ戦が11日、ジャイアンツ球場で行われ、ジャイアンツは3対7で逆転負けしました。これで教育リーグの成績は2勝2敗となりました。

 両チーム無得点で迎えた四回、ジャイアンツは一死一、二塁で、坂口真規選手が左翼フェンス直撃の二塁打を放って2点を先制しました。逆転を許した後の七回には、一死から今度は相川亮二選手がフェンス直撃の三塁打を放ち、続く橋本到選手のライト前ヒットで生還して同点としました。

 しかしリリーフ陣が踏ん張り切れず、八回に3連打やフィルダースチョイスなどで3点、九回には3四死球とエラーで1点を奪われ、試合を決められました。

 四回から代走で出場したドラフト1位の吉川尚輝選手は、六回の第1打席で、入団後実戦初安打となるセンター前ヒットを放ちました。しかし七回一死満塁で迎えた次の打席では、二塁ゴロ併殺となりました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/game/game46230.html)

■吉川尚輝選手「初めての二軍戦で、実績のある投手(三嶋投手)からヒットを打ててよかったです。しかし次の打席はチャンスで打てず、守備でもフィルダースチョイスをやってしまいました。まだまだ課題が出てきたので、繰り返さないようにしたいと思います」