このサービスはエキサイトコース月額300円、レギュラーコース月額200円(ともに税抜き)が課金される有料サービスです。また、一部に無料で利用できる部分もあります。 ご利用の前に必ず以下の内容をお読み下さい。

【サービスの主体、規約の位置づけ】
1.「モバイルGIANTS」(以下、「本サービス」といいます)は、株式会社読売新聞東京本社 (以下、「読売」といいます)と株式会社報知新聞社(以下、「報知」といいます)、株式会社読売巨人軍(以下、「巨人」といます)が提供するサービスです。本規約の締結主体は読売となります。本サービスを利用されるお客さまは、以下の「モバイルGIANTS」利用規約(以下、「本規約」といいます)を承諾していただいたものとみなします。
2.なお、サービスによっては、本規約とは別個の特別な契約等が設けられる場合があります。本規約と当該の特別な契約等が、矛盾する場合は、特別な契約等の規定が優先します。

【著作権】
3.本サービスに関する著作権などの知的財産権を含む一切の権利(以下、包括して「著作権」といいます)は、読売、報知、巨人またはその情報提供者にあります。
4.本サービスでは読売が代表して著作権を管理し、お客さまが本サービスの内容を読売に無断で転載、複写、蓄積または転送することを禁止します。

【禁止事項】
5.お客さまは本サービスに関する読売、報知、巨人、およびその情報提供者、または株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます)およびその他の第三者の権利を脅かしたり、制限したり、若しくは妨害したり、またはそのおそれがあるような行動を一切起こしてはならないものとします。
6.お客さまは、本規約に係るいかなる権利または義務も第三者に移転・譲渡することはできません。

【サービスの変更と免責】
7.読売は本サービスおよび本規約を予告なく改訂、追加、変更または廃止することができるものとします。
8.本サービスの信頼性について、読売、報知、巨人またはその情報提供者は最善の努力を払いますが、その正確性、有用性を保証するものではありません。
9.本サービスの提供により、あるいは中断や本サービス中の事故により、お客さままたは第三者が直接、間接に損害を受けた場合、読売、報知、巨人またはその情報提供者およびドコモは一切の賠償の責任を負いません。

【情報料、支払いの方法】
10.本サービスの有料部分のご利用にはエキサイトコース月額300円またはレギュラーコース月額200円(ともに税抜き)の情報料がかかります。
11.本サービスのご利用には別途通信料がかかります。
12.お客さまは、本サービスに関する契約を締結した月から、本サービスの契約が解除された日の属する月まで、月毎に情報料をお支払いいただきます。お客さまが同月内に複数回、締結と解約を行った場合も、情報料は1か月分を請求します。 情報料の月の締め日は末日となります。
13.お客さまは、ドコモの定めた「パケット通信サービス契約約款」および「FOMAサービス契約約款」に基づき、ドコモが読売に代わって情報料の回収収納を代行する(お客さまがクレジットカードによるお支払いを希望される場合には、情報料はお客さまがご利用のクレジットカード会社から請求されます)ことを、承諾していただきます。
14.お客さまが本規約に定める方法で承諾し、本規約に基づき負うこととなる情報料の支払い義務は、本サービスを利用できない状態が生じた場合も含め、いかなる場合でも免れません。
15.読売は、お客さまがお支払いになられた情報料について、いかなる理由があっても一切返還いたしません。
16.お客さまが購入、蓄積されたポイントは、本規約解約時点で無効となり、いかなる場合にも再交付はいたしません。
17.お客さまがドコモの定める情報料の支払い期限を過ぎても情報料をお支払い頂けない場合、ドコモが読売にお客さまの氏名、住所、未払い情報料等を通知することを承諾していただきます。

【有料部分の利用、停止の手続き】
18.お客さまが本サービスの有料部分を利用するためには、spモードサービス端末(以下、「端末」といいます)を通じ、読売と本規約を締結していただきます。
19.お客さまが本サービスの有料部分の利用を停止するため、本規約を解除される場合は、端末を通じて解除の手続きを行なっていただきます。お客さまが本サービスに対応していない端末に機種変更された後に本規約を解除される場合は、機種変更後の当該端末を通じて解除の手続きを行なっていただきます。
20.お客さまの端末を通じての本規約締結および解除の手続きは全てお客さま本人からの手続きとして取扱うものとします。
21.お客さまとドコモとの間で、spモードサービスを利用する上で必要となる契約が解除された場合、本規約も、その解除の日をもって解除されたものとします。

【サービスの中止】
22.読売は、お客さまが支払うべき情報料を支払わない場合、その他本規約に違反した場合は、何ら通知または催告なしにお客さまに対する本サービスの提供を停止し、または本規約を解除することができるものとします。

【苦情、その他】
23.読売がドコモに情報料の回収収納の代行を委託した場合でも、情報料に係る疑義または争いについてはお客さまと読売の間で解決し、お客さまはドコモに対して何らの請求または苦情の申し立てを行わないものとします。
24.読売とお客さまとの間で疑義または争いが生じた場合には、誠意を持って協議することとしますが、それでもなお解決しない場合には、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を専属的合意管轄裁判所とすることに同意されたものとみなします。

(2014年3月20日策定)
以上