imageloading...

日本のプロ野球の試合での
大量得点差は32対2という試合がある
MLBでは38対1という記録が残されている

先日
三軍チームが創部101周年の倶楽部チームと交流試合を行った
監督は
「手を抜くな
 徹底的に叩け!」と・・・
やっぱり
力が落ちるからと手を抜くのは相手に失礼だと思う
スポーツはどんな相手であれ一生懸命に戦って勝つ
38対1で敗戦したチームもあるが
どんな得点差になろうが
一生懸命に戦って負けたはずである
それがプロであり
ファンに対して最低限のマナーではないだろうか
相手チームのレベルを知るには全力で戦わなければわからないし
一生懸命に戦って負けたのであれば
その力の差をどのように埋めればいいのか考えればいい
勝負は勝つチームもあれば負けるチームもある
私は
勝つことだけが素晴らしいと思っているわけではない
試合をする中で勝つためには何をすればいいのかを知り
それに向かって全力を尽くしていくことが素晴らしいことだと思っている
その姿勢さえあれば
たとえ勝つことができなかったとしても後悔することはない