imageloading...

マネジャー時代
遠征に出掛けると
門限後に監督の部屋に呼ばれることがあった
話を聞きながらうなずいていると
監督は次第に不機嫌になることがある
監督は
自分自身の意見を持たない人間を嫌った
「お前には自分の意見がないのか!」と・・・
逆に
監督の考え方に反対しても
意見の相違をはっきりと伝えると喜んでくれた
マネジャーから
営業担当者に職場が変わった時
監督は言った
「立場が上がれば上がるほど
 部下に気配りしろよ!
 地位を笠に着て自分の要求を押し通すようなことはするな
 よく覚えておけ
 働くものはいつも上を見ている
 公私の区別をはっきりさせること
 そして勘違いしないことだ
 常に頭は低くしておけ!」