今年もプロ野球の新人選手たちが合同自主トレーニングで第一歩を踏み出している。巨人のドラフト1位、鍬原拓也(中大)は奪三振力の高さが魅力の右腕。プロ入りを志した原点や潜在能力を探った。