image loading…

オールスターで初めて勝利投手となった菅野投手

image loading…

七回二死、代打の坂本選手が左前打

image loading…

七回二死三塁、岡本選手が右飛

 マイナビオールスターゲーム2019の第2戦が13日、雨の甲子園球場で行われ、読売巨人軍の菅野智之投手が先発登板し、2回を無失点と好投、7度目のオールスターで初めて勝ち投手となりました。また、巨人では丸佳浩、坂本勇人、岡本和真の各選手が試合途中から出場し、計4選手がプレーしました。

 5年連続で全セの先発投手を務める菅野投手は初回、西川選手(日本ハム)を二飛、グラシアル選手(ソフトバンク)を二ゴロ、吉田正選手(オリックス)に右前打を許しましたが、山川選手(西武)を遊ゴロに打ち取って、無失点で立ち上がります。二回はデスパイネ選手(ソフトバンク)を遊飛、松田宣選手(ソフトバンク)を右飛、銀次選手(楽天)には中前打されましたが、甲斐選手(ソフトバンク)を一邪飛とし、2イニングを2安打無失点の好投を見せました。

 丸選手は、五回の守備からセンターに入り、六回、八回の2打席とも内野ゴロに倒れました。

 坂本選手は、七回二死、代打で左前打を放ち、続く近本選手(阪神)のオールスター史上2度目のサイクルヒット達成となる三塁打で生還を果たしました。
 岡本選手が続く七回二死三塁で代打で登場、いい当たりでしたが、野手の正面を突く右飛に倒れました。

 試合は全セが近本選手の先頭打者本塁打、二回の原口選手(阪神)の2試合連続本塁打、続く梅野選手(阪神)の2者連続本塁打、筒香選手(DeNA)の3点本塁打など計5本塁打を含む20安打で11対3と大勝、2017年から続いていた連敗を5で止めました。