image loading…

7回1失点の好投を見せた桜井投手

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの14回戦。巨人先発の桜井投手は初回、西川選手に先頭打者本塁打を浴びましたがその後は立ち直り、7回1失点の好投を見せました。打線は三回、丸選手の犠飛で追いつき、その後は両チーム無得点で終盤へ進みます。巨人は九回、一死満塁で代打攻勢をかけましたが実らず試合は延長戦に突入しました。延長十回、4番手として登板したマシソン投手が一死満塁で鈴木選手に右前打を浴び、サヨナラ負けを喫しました。桜井投手の力投に打線が応えられなかった巨人は5月15日以来の4連敗とななりました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン https://www.giants.jp/G/result/201907211index.html)から