image loading…

好投した今村投手

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの13回戦。巨人打線は三回に亀井選手のソロ本塁打で先制すると、五回には岡本選手の適時打で2点目を加えリードを広げました。一方、先発・今村投手は立ち上がりから3イニング連続で三者凡退に仕留めるなど、五回まで広島打線に二塁を踏ませない好投を見せました。しかし六回、二死からバティスタ選手に同点本塁打を許すと、八回には3番手のデラロサ投手がまたもバティスタ選手に本塁打を浴び、勝ち越しを許しました。巨人はチーム計10安打を放ちましたが、二度の満塁のチャンスを逃すなど12残塁。7回2失点の好投を見せた今村投手を打線が援護できず、5月31日以来の3連敗を喫しました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン https://www.giants.jp/G/result/201907201index.html)から