image loading…

先制の2点三塁打を放った増田大選手

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの19回戦。巨人打線は四回、この試合スタメンに抜てきされた増田大選手が先制の左越え2点三塁打を放つなど、前半で4点を先行します。先発の山口投手は1点差まで迫られましたが、七回途中3失点と粘投します。降板直後の七回にはゲレーロ選手が貴重な追加点となる左中間2点二塁打を放ち、6対3で振り切りました。巨人は連勝を4に伸ばし、8年連続となる阪神戦勝ち越しを決めました。山口投手は自己最多となる12勝目をあげました。

試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン https://www.giants.jp/G/result/201908181index.html)から