image loading…

2本塁打を放った坂本選手

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの14回戦。巨人は1点を追う四回、坂本選手が27号ソロ本塁打を放ち同点に追いつきます。しかし五回無死一、二塁で先発メルセデス投手のあとを受けた大江投手が青木選手に3点本塁打を浴び、勝ち越しを許します。打線は直後の六回に坂本選手の2打席連続となる28号2点本塁打などで1点差に詰め寄りましたが、終盤は再三のチャンスであと一本が出ませんでした。巨人は4対5でヤクルトに競り負け、連勝が5でストップしました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン https://www.giants.jp/G/result/201907171index.html)から