image loading…


巨人のユニホームを来てポーズをとる古川投手

image loading…


「ローテーションの一角に入るという強い気持ちで頑張ります」

image loading…


オレンジのネクタイについて質問され、今村司球団社長(左)と笑顔を見せました
 トレードで楽天から移籍した古川侑利投手(23)の記者会見が8日、球団事務所で行われ、古川投手は「優勝、日本一に貢献できるように力を発揮したい」と抱負を述べました。背番号は「67」に決まりました。

 古川投手は、楽天での送別会でプレゼントされたというオレンジ色のネクタイで会見に臨みました。子どもの頃はジャイアンツファンで、松井秀喜さんに憧れてプロ野球選手になりたいと思っていたそうで、「トレードを聞いて最初は驚きましたが、次にジャイアンツに入るんだという誇らしい気持ちになりました」と心境を語りました。

 ジャイアンツとは6月5日のセ・パ交流戦で対戦しましたが、「あの打線が味方になると思うとうれしいです」と述べ、「ローテーションの一角に入るという強い気持ちで頑張ります」と意気込みを見せました。

 また、自分の武器は「強いまっすぐ」だとして、同じ右投手の菅野智之投手に「いろいろ学ぶべきことがあると思うので、話を聞きたいです」とも語りました。

 会見に同席した今村司社長は、「23歳と若く、近い将来先発ローテーション入りを狙える投手」と期待を示しました。

<古川投手のプロフィル>
佐賀・有田工高から2013年ドラフト4位で楽天に入団。最速150キロのストレートと、スライダー、チェンジアップが武器の右投手。18年には巨人戦でプロ初勝利を挙げるなど4勝9敗、防御率4.13の成績を残した。