image loading…


二軍のミーティングであいさつする鍵谷、藤岡両投手

image loading…


キャッチボールをする藤岡投手

image loading…


笑顔を見せる鍵谷投手

image loading…


石川選手らと談笑

image loading…


来日後初めてブルペンに入ったデラロサ投手
 日本ハムからトレードで入団した藤岡貴裕、鍵谷陽平両投手が29日、ジャイアンツ球場で行われた二軍の試合前練習に合流しました。

 ジャイアンツの選手としては初めて同球場を訪れた両投手は、球団スタッフに案内されながら野球用具などを自分のロッカーに運び込みました。そして選手や首脳陣、球団スタッフらにあいさつをして回りました。

 雨のため室内練習場で行われた練習では、アップ、キャッチボール、ダッシュなどを行いましたが、元日本ハムの石川慎吾選手らと談笑するなど、徐々にリラックスした表情も見られました。

 藤岡投手は「雰囲気が違うので戸惑うところもありましたが、みんな親切なので慣れていければと思います。若い選手の名前を早く覚えたいです」と話し、鍵谷投手は「初めてジャイアンツのユニホームを着て、緊張感の中で練習出来ました。みんなが明るく声をかけてくれたので、いいスタートが切れました」と笑顔を見せました。

 また、27日からチームに合流している新外国人のデラロサ投手が、来日後初めてブルペンに入りました。ボールやブルペンの感触を確かめながら、捕手を座らせて8球、力強い球を投げ込みました。