image loading…

image loading…

image loading…

 読売巨人軍のオフィシャルスポンサーであるDAZN提供による「DAZN DAY」が、31日の中日戦(東京ドーム)で開催され、元高校球児でお笑い芸人のトータルテンボス・藤田憲右さんがマウンドに上がり、スピードガン・チャレンジで130キロ超えにチャレンジしました。

 「DAZN」と書かれた黒のユニホーム姿で登場した藤田さんは、相方の大村朋宏さんがそばで見守る中、大きなフォームから速球を投げ込みましたが、 結果は「時速115キロ」。藤田さんは頭を抱え、大村さんはグラウンドに仰向けにひっくり返り、スタンドから笑いが上がりました。

 マイクを持った藤田さんは「記録は届かなかったですけど、これだけの大観衆のみなさんの中で投げられたことがすごく気持ちよかったです。めちゃくちゃ緊張しました。M−1の決勝よりも」と笑顔で話しました。

【DAZNについて】
 世界的スポーツメディアグループDAZN Groupが、日本、ドイツ、オーストリア、スイス、カナダ、イタリア、アメリカ、スペインの計8か国で展開しているスポーツ・チャンネル。「スポーツの新しい本拠地」として、好きなスポーツをいつでもどこでも楽しむことができる。日本では、プロ野球や明治安田生命Jリーグを始めとする国内コンテンツに加え、アメリカのメジャーリーグや、UEFAチャンピオンズリーグなどの欧州サッカー、さらにF1™、テニス、バスケットボール、格闘技など130以上のコンテンツを年間10,000試合以上配信している。

※DAZNの入会についてはこちら(PC・スマートフォン https://ad.doubleclick.net/ddm/clk/439608936;243208263;n)