image loading…

image loading…

image loading…

image loading…

 読売巨人軍は、28日に那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で行われた巨人軍三軍と社会人チーム「ビッグ開発」との交流戦で、打撃練習見学や野球教室などのイベントを実施しました。

 試合前に行われた打撃練習見学には、子どもたち25人が参加。間近で練習する選手の体の大きさに驚きを隠せない様子で、一球ごとに打球の飛距離に歓声を上げていました。

 選手と一緒に守備につくことができ、東京ドームなどでも人気の「オンユアマークス」も行われ、この日は子どもたちの名前もアナウンスされるスペシャルバージョンでした。それぞれのポジションで選手からサインボールをもらい、子供たちは笑顔が絶えませんでした。

 試合後には、先発して5イニング10奪三振無失点と見事なピッチングを見せた3年目の堀岡隼人投手と、先制二塁打を含む3打数3安打と活躍した同じく3年目の高山竜太朗選手との写真撮影会を実施。抽選で選ばれた方々が笑顔で記念撮影を行いました。

 最後に、県内の少年野球12チーム計131人が参加して野球教室も開催されました。井上真二・三軍監督が「将来巨人軍の中心となるような選手が、しっかり教えます」とあいさつを行いスタート。ポジションごとに分かれて子供たちに捕球の仕方や、球の握り方などの基本動作を選手たちが直接指導しました。その後、全員で記念撮影を行い、ハイタッチをして終了。参加した子どもたち全員にはレプリカユニホームがプレゼントされました。

 あす29日午後0時半から同球場で行われる「エナジック対巨人軍三軍」戦でも、野球教室以外の同様のファンサービスが行われます。詳細はこちら(PC・スマートフォン https://www.giants.jp/G/gnews/news_3913843.html)