image loading…

image loading…

 読売巨人軍と東京ヤクルトスワローズは、今季も4、5月の計6試合を対象に共同企画「TOKYOシリーズ」実施します。同シリーズは東京に本拠地を置く球団同士の対戦を通し、東京のスポーツシーンを盛り上げていく企画で、今年で5年目を迎えます。

 4月に明治神宮野球場で行われる試合は“平成最後”、5月の東京ドームの試合は“令和最初”のTOKYOシリーズとなります。また、今年は読売巨人軍が創設85周年、ヤクルト球団が設立50周年を迎えるメモリアルイヤーでもあり、平成に両チームが繰り広げた名勝負を振り返る企画を実施します。

 本シリーズの冠協賛社には昨年に引き続き、東京、名古屋、福岡を中心に不動産業を展開する株式会社オープンハウス(本社:千代田区、代表取締役社長:荒井正昭)が決定しました。「東京に、家を持とう。」をコンセプトに様々な事業を展開する同社とともに、より一層シリーズを盛り上げてまいります。なお、冠協賛社決定に伴い、本シリーズ名称は「オープンハウスTOKYOシリーズ 2019」となります。

<対象試合>
4月23日(火)〜25日(木) 東京ヤクルトー巨人(明治神宮野球場)
5月10日(金)〜12日(日) 巨人ー東京ヤクルト(東京ドーム)

<主な企画内容>
1. 共通メインビジュアルの制作
2. 両チームの監督・コーチ・選手が「TOKYO」のロゴ入りユニホームを着用
巨人はグレーのビジターユニホーム、東京ヤクルトはTOKYO燕パワーユニホームにロゴを入れます。
3. 両チーム共同制作の「TOKYOシリーズペーパー」を配布
平成の名勝負や、今年の注目選手などをまとめた「TOKYOシリーズペーパー」を対象試合の来場者に先着順で配布します。
4. マスコット交流
両チームのマスコットがビジター球場にも登場し、TOKYOシリーズの熱い戦いを盛り上げます。

<オープンハウス 会社概要>
■会社名:株式会社オープンハウス
■設 立:1997年9月
■資本金:42億514万円
■株 式:東京証券取引所 市場第1部(証券コード:3288)
■従業員数(連結):2,263名(2018年9月末日現在)
■本社所在地:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12F
■事業内容(グループ):
1.居住用不動産の販売・仲介、2.戸建住宅の開発
3.注文住宅の建築請負、4.マンションの開発、5.投資用不動産の販売
■Webサイト(グループ):(PC・スマートフォン https://openhouse-group.com/)