image loading…

image loading…

 読売巨人軍のオフィシャルスポンサーとなったDAZN提供の「DAZN DAY」イベントが4日の阪神戦(東京ドーム)でも行われました。

 この日は、センター後方のバックスクリーンの大型ビジョンに映し出されるライブ形式のホームラン競争ゲームに、希望する来場者がお手持ちのスマートフォンやタブレットで参加できる「DAZN PLAY LIVE(ダゾーン・プレイ・ライブ)」が実施されました。

 来場者がジャイアンツゲームデーアプリにアクセスするか、スマートフォンのブラウザーに「giants.daznlive.com」と入力してホームラン競争ゲームにアクセスした後、ゲーム画面の岡本和真選手がモデルの打者を操作して同時に45秒間打ち続け、本塁打の数や飛距離などによって与えられるポイントの合計を競いました。

 大型ビジョンには参加者がゲームで打った本塁打の放物線が次々と映し出され、バックスクリーンの右端にはポイント獲得上位者の順位も同時進行で表示されました。順位はめまぐるしく変動しましたが、4212ポイントの「ZACKY39」さんが優勝し、この日の観戦チケットをプレミアムラウンジへアップグレードする権利(1組2人)を得ました。

 また、この日も来場者先着4万人にスポーツ・チャンネルDAZNを2か月間無料視聴できる「ジャイアンツオリジナルカード」がプレゼントされたほか、当日新規でDAZNに登録していただいた方を対象に豪華抽選会が開催されました。